肌が弱いとカミソリNG

肌が弱くヒゲ剃りしなくていいように脱毛するか迷っていませんか?

 

3年ほど前にヒゲの永久脱毛を完了した私の意見として、もっと早くしておけばよかったということです。

 

ヒゲを脱毛した自己採点は『星3つ』で、とても満足しているの一言しかありません。

 

 

 

 

毎日剃る習慣でヒゲが濃くなってしまった

ヒゲ脱毛肌弱い肌荒れ

僕は子供の頃から色の黒い人が健康的に見えて羨ましいと思うほど、自分の肌が色白なのが嫌でした。

 

お母さんには、『色白は七難隠す』と言って、良いことなんだよって言い聞かされていました。

 

 

ある程度の年になってから、そのことわざは女の子だったらって、わかったんですけどね(笑)

 

 

色の白い人は肌が弱い人が多いようで、僕もその一人です。

 

衣類の素材が合わないと痒くなったり肌荒れするのは当たり前だったので、大人になる前まで誰もが同じだと思っていました。

 

 

僕が自分で肌が弱いと自覚したのは、20歳を過ぎたくらいのときでした。

 

色が白いから肌に爪を立ててかくと真っ赤になるのも、普通なんだと思っていたくらいです。

 

 

それまでは、ヒゲもそんなに濃くなかったので、週に1回剃るか剃らないかって感じでした。

 

実際は1ヶ月剃らなくても、床屋に行ったときに剃ってもらうだけでも、無精ヒゲに見えるまで伸びることもなかったです。

 

 

それが、異性に興味を持ち始めてから、女性に好感を持ってもらいたい一心で、清潔感を出すように毎日カミソリで剃るようになりました。

 

当時は、実際には剃る必要がないくらい産毛に近いヒゲでした。

 

 

電気シェーバーでは剃れないほど、細い柔らかいヒゲだったので、T字カミソリで撫でるだけでツルツルになりました。

 

毎日カミソリを使うようになると、ヒゲって濃くなっていくんですね?

 

半年ほど続けていると、少し力を入れないとヒゲが剃れなくなるほど太くなってきました。

 

 

肌が弱いことに気が付く

その頃から、ヒゲを剃り終えると、顔が真っ赤になるんですΣ(・ω・ノ)ノ!

 

ヒョットすると、これってカミソリ負け?

 

 

ヒゲが濃くなってくると同時に、肌の弱さが気になりだしました。

 

かといって、ヒゲを剃らない訳にはいきません。

 

 

その頃から、電気シェーバーを使えば、カミソリを使うほど肌が赤くなることはないので、それ以降はカミソリを使うことはなくなりました。

 

ただ、カミソリとは違い深く剃れないので、夕方になるとヒゲが伸びてくるので、1日2回はヒゲを剃るのが日課となってしまいました。

 

 

色白は、ヒゲが生えてくると普通の人よりもポツポツが目立つので、女の子と一日一緒にいると汚く思われてしまうんじゃないかって、気になってしまいます(;・∀・)

 

女の子から好感を持たれたくて、毎日ヒゲを剃るようにしたのに、それが原因でコンプレックスになっていましました。

 

 

ヒゲなんて生えなければいいのに

ヒゲ脱毛肌弱い前後

僕はヒゲを伸ばしたことはありませんが、ヒゲをカッコいいと思ったこともありません。

 

この先、一生ヒゲを伸ばすことはないだろうと考えたとき、永久脱毛のことが頭を過ぎりました。

 

 

女性がムダ毛処理してキレイな肌を保つために永久脱毛するのと同じで、ヒゲの脱毛してくれるところがあるのならやってみようと思い立ったのです。

 

僕のように肌の弱い人間は、ヒゲがなくなれば肌にも負担をかけないし、ヒゲが生えてこないことは今の僕とって最大のコンプレックスの解決策となります。

 

 

すぐにネットで調べてみると、ヒゲ脱毛をしているところが見つかりました。

 

詳しく調べると、永久脱毛と一言で言っても、使う機械によっては、効果や痛みが違うってことがわかりました。

 

 

もちろん、脱毛機の価格が高いものだと脱毛料金も高額になりますし、料金重視でクリニックを選ぶと、性能が低い脱毛機で効果がもそれなりの場合もあるそうですよ。

 

 

 

脱毛の種類

まず、脱毛といっても複数の脱毛方法があり、脱毛を受けるところにより脱毛公開にも違いがあります。

 

医療クリニックや脱毛サロンと呼ばれるところがありますが、この2つは全く別物で脱毛方法が全く異なります。

医療クリニック

クリニックと名前がついているので病院のことです。
医師が在籍しているクリニックでしか取り扱えない脱毛機の使用が認められています。
医師免許を持っていないとできない施術や、永久脱毛と呼ばれる脱毛ができるところが医療クリニックです。

脱毛サロン

肌へのダメージが少ない低出力の脱毛機の使用は、取扱いに関して有資格者は必要ないので、永久脱毛と呼ぶよりも、毛を少なくする減毛と呼ぶこともあります。
脱毛機の性能として、広範囲をスピーディーにこなせる業務用の家庭用脱毛機に近い性能です。

 

脱毛と呼ばれている方法として、認められている方法は、3つあります。

 

  • レーザー脱毛
  • 光脱毛
  • ニードル脱毛

 

医療クリニックでしか受けられない脱毛

医師が在籍するクリニック出しか受けられない脱毛方法として、ニードル脱毛とレーザー脱毛があります

 

これは肌への負担のこともありますが、医師免許を持っている人が在籍していないと、施術者の技術によってはやけどなどのトラブルになることもあるからです。

 

それだけ、毛根に対しての脱毛効果が高い証拠なのです。

 

 

万が一、肌トラブルに見舞われたときにもクリニックなので、その場で治療が可能となっています。

 

共に脱毛効果が高いので、世間で言う永久脱毛ができるのはクリニックでの脱毛です。

 

 

3つの脱毛方法をわかりやすく説明しますね。

 

レーザー脱毛

医療脱毛といえば、レーザー脱毛機というくらい主流の脱毛機です。

 

医療クリニックでも、レーザー脱毛のみ行っているところが多いです。

 

レーザー脱毛の特徴
  • 黒いものに反応すると高出力の光を発して、毛根を破壊します。
  • 料金的には10万円程で施術できる
  • 一度に広範囲の脱毛できるので施術時間が早い
  • 一番多く人が選ぶ脱毛
  • 痛みが激しい

 

星4つ トータル的に見て高評価、通院回数は多くなく料金的にも納得できる

 

光脱毛

脱毛クリニックで使用するレーザー脱毛機と似ていますが、大きな違いは一定以下の光量しか出力できないので、肌には優しい脱毛機です。

 

なので、毛根細胞を破壊するわけでなくて、毛根細胞にダメージを与えるだけなので、ダメージを回復した毛根細胞からは、以前と比べると細くなった毛が生えてきます。

 

 

家庭用脱毛機と比べると光の出力が強いけど、医療クリニックと比べると納得できる脱毛レベルではないですね。

 

光の出力が高くないので痛みは少ないですが、通う回数を多くしないと効果が半減します。

 

光脱毛の特徴
  • 料金が安い
  • 体毛の中で、特に太く丈夫なヒゲには不向き
  • 脱毛というよりヒゲを薄くする目的では◎
  • 痛みは少ない

 

星1つ ヒゲを永久的になくす目的で脱毛するわけなので、ヒゲを少なくする目的ではないので論外

 

ニードル脱毛

針を使った脱毛方法です。、毛が生えてくる原因の毛穴の中に針を刺して、毛が再生しないように毛乳頭を破壊します。

 

一番確実な脱毛方法ですが、1本1本の毛に対して施術するので、1日で行える脱毛範囲も限られており、広範囲には不向きでヒゲなど濃い毛に向いています

 

ニードール脱毛の主な特徴
  • 医師の技術によっても効果が変わってくる
  • 脱毛料金が驚くほど高く、1本脱毛するごとに●●円
  • 痛みが激しい
  • 白髪も脱毛できる
  • 傷口やシミの大きなところも脱毛可能

 

星3つ 脱毛料金が高いのがネック。100万円程の脱毛する予算があるなら、一押し!

 

ヒゲの脱毛で肌が弱い人が選ぶなら

どの脱毛も一長一短ありますが、総合すると医療レーザー脱毛が多くの人から支持されていることが伺えます。

 

ニードル脱毛も脱毛料金が高いので、レーザー脱毛ができないようなトラブルを持っている人が選ぶようになってきています。

 

 

医療クリニックでは医師が在籍しているということで、肌トラブルにも対応してもらえますし、相談もできるで安心ですよ。

 

光脱毛を行う脱毛サロンでは、一時的な効果しか見込めません。

 

支払う限度の料金で考えると、医療レーザー脱毛なら全てに置いて一番納得できる脱毛法です!

 

 

ただ、全国の医療クリニックはたくさんありますが、ほとんどの医療クリニックでは、男性客はNGになっています。

 

女性客は裸になって脱毛するわけだから、当たり前って言えば当たり前の話。

 

 

男性の場合には、男性専用の医療クリニックを選ぶことになります。

 

 

ヒゲ脱毛するクリニックを選ぶポイント

は、まず通える場所日本の主要都市には、メンズ脱毛がないところはありません。

 

何度も通うわけなので、通いやすいクリニックを選びましょう!

 

 

東京・大阪・名古屋で展開しているヒゲ脱毛できるクリニック

脱毛クリニックは、脱毛する部位が細かく分かれて、部位ごとに料金が必要です。

 

クリニックによって分類の仕方が違いますが、ヒゲの場合だと、『鼻下』・『アゴ』・『アゴ下』・『頬』・『もみあげ』・『首』の6カ所に分類されています。

 

特に気になる部位だけを脱毛することもできますが、すごく割高です。

 

ヒゲを全部脱毛するなら、コースやセットになっているものを選ぶと、安く抑えることができます。

 

 

私のようなサラリーマンが踏ん張ればなんとか支払いができる金額の、10万円で脱毛できてしまうクリニックがあるので紹介しますね。

 

Dr.コバ

ヒゲ脱毛肌弱いDr.コバ

クリニックは、東京・名古屋・大阪の3医院で多くはないですが、ヒゲ脱毛の料金は99,000円と格安で受けることができます。

 

個人差によって脱毛効果が違うこともありますが、コーズ完了後にヒゲが生えてくることがあれば、予約代として100円で脱毛してもらえる永久保証が魅力です。

 

クリニックで使われている脱毛機は、ヨーロッパで白人に対して開発されたものが多いですが、Dr.コバでは日本人の肌に合わせて作ったルミナス社のダイオードレーザーを使用しています。

 

 

 

 

クリニック所在地 銀座・名古屋・大阪
ヒゲ全体6か月集中プラン 全5回 99,000円

 

 

 

 

メンズリゼ

ヒゲ脱毛肌弱いメンズリゼ

メンズリゼは全国放送のテレビCMでも流れているので、男性にも知名度が高いクリニックです。

 

料金も99,800円と、こちらも100,000円を下回る金額でヒゲ脱毛できます。

 

日本列島の至る所にメンズリゼがあるので、主要都市以外の人でも、ちょっと頑張れば通えるんじゃないのかな?

 

クリニックも使いまわしができるので、出張や旅行先の予定がわかっているなら、その地域のメンズリゼを予約が空いていれば利用できます。

 

学生ならば、学生証の提示でら20%OFFが適用され約80,000円になります。

 

アルバイトで生計立てている学生さんにはかなり嬉しい金額です。

 

クリニック所在地 新宿・渋谷・大宮・柏・横浜・大阪梅田・心斎橋・神戸三宮・京都四条・名古屋栄・名古屋駅前・仙台・新潟・広島・福岡天神・青森・盛岡・いわき・郡山
ヒゲ全体脱毛セット 5回コース 99,800円

 

 

 

 

ゴリラクリニック

ヒゲ脱毛肌弱いゴリラクリニック

ゴリラクリニックは10万円で全部位のヒゲ脱毛することができませんが、「ほほやもみあげのヒゲは濃くないよ」って人には、鼻下・アゴ・アゴ下の3部位で68,800円と、高くないコースで脱毛できるので紹介しておきます。

 

ちなみにゴリラクリニックでは、多くの芸能人もヒゲ脱毛を施術している業界でも有名なクリニックです。

 

痛みに弱いって人にも笑気麻酔という痛み止めが、1回3,000円で使用できるので全6回の全て利用しても、プラス18,000円なので、90,000円にもいかない金額なんです。

 

他のクリニックではやっていない、耳毛や鼻毛の脱毛も行っている数少ない脱毛です。

 

 

クリニック所在地 新宿・渋谷・池袋・銀座・上野・横浜・大宮・名古屋栄・大阪梅田・大阪心斎橋・京都鳥丸・神戸三宮・福岡天神

ヒゲ脱毛完了コース

+部位追加
+部位追加

 

全6回 68,800円 鼻下・アゴ・アゴ下
全6回 58,600円 ほほともみあげ
全6回 45,000円 首
※ヒゲ全体脱毛セットがないので、オプションコース追加で合計172,400円

 

 

 

 

医療脱毛してから変わったこと

 

私も医療レーザーでヒゲ脱毛をし多一人ですが、脱毛後は1週間程赤みが治まりませんでした。
肌が弱くない人でも赤みは数日続くそうです。

 

私は脱毛後は常にマスクを着けて顔を隠すようにしていましたよ。

 

 

年に数回は、このように脱毛後は顔を隠しましたが、暑い夏の脱毛後は大変でした。

 

夏場に脱毛する時は、長期連休前に脱毛することをおすすめします。

 

 

女友達からは男が脱毛したと批判されると思っていましたが、思っても見ない高評価(*´▽`*)

 

 

清潔感があるし、ツルツルして肌が綺麗なんて脱毛したこと以外でも褒めてもらえています。

 

ヒゲを剃る時間がなくなったことで、少しですが朝の時間もゆっくりできるようになりました。

 

 

迷っている時間は、悩みを引きずるだけです。

 

まずは、クリニックで相談してみることが大切ですよ。

更新履歴